無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第14話

三角チョコパイ
三角チョコパイ頬張りながら

あなたのことを考えた

あなただったら黒かな 白かな

黒だったらあなたらしいな

白だったらかわいくて

クスッと笑っちゃう


はふはふ

熱い、と言いながら食べるのかな

食べたら

美味い、と言って笑うのかな



想像しただけで

幸せになっちゃうくらい

私は単純で