無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

平凡
青い空に女の子達のキャピキャピ声、
そんないつもの時間が流れる生活、

高校2年生 ◯◯
なにごとも楽しくがモットー、男の子は友達、
恋愛なにそれ?って感じの生活それでも毎日楽しくて、
変わらなくていいって思ってる

あなた

おはよっ!!

いちか
おはよ、いつもより元気だねぇ〜
あなた

そう?毎日楽しく過ごそう!

いちか
まぁ、あんたはそうゆう性格やったね、
いちか
そう言えば今日2時間だって
あなた

えっ、やった〜

あなた

いちか暇?遊ぼうぜっ!

いちか
まぁ、いいよ
なにげない生活がうちにとっては、幸せの塊、
今日だって笑顔でいたらいいことあったしね!
〜 after  school 〜
いちか
ぎぁっはっは!やっぱあんた最高!!
あなた

そんな笑う?

いちか
なんであんたにゃ彼氏とゆうもんができんかねぇ、、
いちか
こんな最高な女の子なのに 笑
あなた

違う意味での最高でしょ!いちかの場合は!

いちか
バレました?あんたといたら毎日楽しいわ!
あなた

はいはい、早くデート行ってこい、

あなた

後ろにとまどってるいちかの彼氏がいるよ?!

きょうすけ
あっ、ごめんね 邪魔する気はなかったんだけど、
いちか
もー、早いって
あなた

そんだけいちかに会いたかったんだよ!
ほら、いってらーっ

いちか
はーい、いってきます!
バイバイ ◯◯
きょうすけ
じゃぁね!◯◯ちゃん!
あなた

バイバイ〜

別に彼氏が一生いなくていいって訳じゃないけど、
今はいいかな?って感じなんだわ、
さぁ帰って犬と散歩しますか!
あなた

早い早い!待ってって!

まる
ワンワン!
あなた

ほら!そこ角だから!

まる
ワンワン!!ヘッヘッ
洸希
いって、って犬?!
あなた

あっ、ごめんなさい!

あなた

大丈夫ですか?

洸希
ん、大丈夫、
スタスタと歩いていった男の子
なんだありゃ!態度の悪い
まぁ、ぶつかったうちらが悪いんやけど…
あなた

ほら!まる危ないってゆーたでしょ、
帰るよ!

でも、なんか不思議な感じ、