無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

幸せな時間
あなた

えええええええええ⁉︎
バ、バスケ⁉︎みなさんと一緒に⁉︎

ンダホ
イエーイ
マサイ
俺あなたちゃんと同じチーム♪
シルクロード
は?お前それはずるいぞ!
ザカオ
俺もあなたちゃんと一緒がいいなぁ…
ダーマ
はぁ?連れてきたの俺だし!
同じチームでいいよね?
モトキ
いや、最初に声かけたの誰だと思ってるの?
あなた

(誰も聞いてないし…)

あなた

あのー、グッパーしませんか…?

みなさんとバスケをやるのは決定のようなので
恐る恐る声を掛けてみた。
Fischer's
あ、おぅ…
シルクロード
じゃーまず、Fischer'sだけで分かれようぜ
Fischer's
グッパージャス‼︎
マサイ
モトキ
シルクロード
ンダホ
🖐
ダーマ
🖐
ザカオ
🖐
あなた

(あ、あれ?これ、私が入ったら人数おかしくない…?)

ぺけたん
🖐
後から合流したぺけたんが🖐を出してしまったため人数の都合上あなたはモトキ、マサイ、シルクロードのチームに。
後でぺけたんはンダホ達に怒られてた笑
ピー‼︎

笛が鳴る。試合開始。
あなた

シルクさん‼︎

ボールはあなたからシルクロードへ。
シルクロード
うぇい‼︎
いけっ‼︎(シュート)
ポスッ
シルクロード
イエーイ
あなた

シルクさんすごい‼︎

モトキ
(くそっ、決めてやる)
あなた、パス‼︎
あなた

はい‼︎

あなた

(えぇぇぇ…⁉︎
いま、名前呼び捨て…)

モトキ
おりゃ‼︎
ガンッ
モトキ
あぁぁぁ…‼︎
外した…
あなた

(モトキさんシュート外してる…可愛い…)

その後も点を取ったり取られたり…











ピピー‼︎

試合終了‼︎
Fischer's
ありがとうございました‼︎
あなた

ありがとうございました‼︎

結果は一点差であなたチームの勝ち‼︎

本当に楽しかった。

シューズを忘れなければ…
スタッフさんが靴を貸し出していたら…
モトキさんが追いかけてきてくれなかったら…

こんな体験、出来なかった。

一生忘れられない思い出ができた。
シルクロード
あなた!お前、バスケ上手いのな‼︎
すげぇよ‼︎
あなた

ありがとうございます‼︎
でも、シルクさんもかっこ良かったですよ?

シルクさんは黙って私の頭をわしわしと撫でた。
あなた

(あ、あ、あ、頭撫でられてる⁉︎)

モトキ
あなたと出会えて幸せだわ。
ほんと、奇跡だよな。
モトキさんが私をシルクさんから引き離し、今度は頭をぽんぽんされる。
画面越しでしか見ることのできなかった大好きな人たちが
今目の前にいて、しかも頭を撫でてくる…
嬉しくて、恥ずかしくて…
あなた

し、幸せをもらったのは私の方です‼︎
本当に、ありがとうございました…///

ようやく、それだけ言えた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ここなっつみるく🍼[ウオタミ🐟]
ここなっつみるく🍼[ウオタミ🐟]
画像変えました!! 小説書くのは初めてです なので下手ですが温かい目で見てください🙏‪‪💦‬ Fischer's(モトキ、マサイ)、スカイピース、こまくん、すしらーめん>、禁断ボーイズ、レイターズ(サイバーマン)Hey!Say!JUMP、M!LK(塩﨑太智、吉田仁人)が大好きです!! 特にモトキは愛しても愛しきれないくらい愛してる(小声) うおたみさんと繋がりたいっ👍💕 なっつ類の皆さん大スキ💕😘
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る