無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

俺らからの、お願い。
ファンミーティング当日…

私は家で、出かける準備をしていた。
あなた

よしっ‼︎
準備万端👍

持ち物は、昨日のうちに準備していたので抜かりはないはず。

さっきも2回確認したし…
あなた

(あの時こんな風に準備万端で行ってたら、
Fischer'sのみなさんと今みたいな関係にはなれてなかったよね…
なんか、不思議な感じだ…。)




ピーンポーン
あなた

はい?
え!なんで…?

インターホンの画面に映っていたのは
モトキ
急にごめんね💦
こいつらが、連れてけってうるさくって…
ンダホ
ち、違うよ…⁉︎
あなたと一緒に会場まで行きたいって言っただけ‼︎
ザカオ
そーそー、俺らあなたの家行きたいなんて言ってないもんな‼︎💦
ンダホ
いいから早く車乗ってよぉ〜…
状況の飲み込めないまま、Fischer'sのみなさんと一緒に会場へ行く事になった。


〜車中〜
マサイ
あのさ、あなたに話があるんだけど…
ぺけたん
あぁ、あれ?
本当に今日言うの…?
ダーマ
あなたの為にも今日はまだ早すぎないか…?
ザカオ
その前にあなたに許可得ないと、だろ。
あなた

えっ、わたし…?
なに…?

全員で顔を見合わせた後…













Fischer's
…Fischer'sのメンバーに、なってくれませんか…‼︎