無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,351
2017/11/14

第44話

リスタート
数分後、シルクからも連絡が来た。





話があるから今すぐ集まれ、と。





正直、出掛けられるような精神状態ではなかった。
でも、何か嫌な予感が…




ピンポーン
シルクロード
ん、入って。
モトキ
お邪魔…します…。
ンダホ
どした?もっきゅん元気ない。
モトキ
これ…。

あなたからのメッセージを見せる。

他の奴らも驚いていた。
マサイ
えっ…⁉︎
ザカオ
まじか…。
ンダホ
でもそんな…
ぺけたん
え、こんなの酷くない?
ダーマ
勝手過ぎだろ。
そんななか、シルクだけは動揺を見せず言い放つ。
シルクロード
あなたが理由もなく人を振るやつだと思ってんのか?
その言葉に反論できる人は誰もいなかった。

そんなメンバーを一瞥すると、シルクは言葉を続けた。

















どうして嫌なことって
こんなにも連続して起きるんだろう?




















シルクロード
今日からFischer'sは7人でリスタートしよう。
モトキ
それって…
シルクロード
あなたは…脱退した…。