無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,388
2017/11/14

第45話

緊急事態
俺はあの日以来、動画の撮影には参加しなくなった。

それどころか、あいつらとも連絡を取らなくなって…
ピロン♪

新着メッセージ:1件あり

From:シルク

>>ロック解除

…と思っていたらシルクからの連絡が。


スマホを開く。

シルク
シルク
緊急
至急連絡しろ
何も要領の得ないメッセージに戸惑う。

しかしそれほど緊急事態ということだろう、急いで返信を送る。
自分
自分
どうしたの?
シルク
シルク
説明してる時間はねぇ
だほをそっちにやったから準備しとけ
どこに行くのかもわかんないから
何持ってけばいいのかわかんないんだけど…
と思いつつンダホ号の到着を待つ。




待つこと10分。
だほは俺の家に到着するなり叫んだ。
ンダホ
ごめん、遅くなった。
乗って‼︎早く‼︎
拒否する理由もなく、言われるがままに車に乗り込む。


それにしてもなぜみんながこんなに焦っているのか?
メンバー全員に関わる緊急事態なんて、そんなに思い当たる節がない。



おれは“そこ”に着くまでの間ずっと、そんなことに思いを巡らせていた。