無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,490
2017/11/15

第47話

これからも。
だいたい、なんで危篤状態になるまで誰もなんも教えてくれねぇんだ。

おれがこいつらと連絡を取っていなかったあの期間、実はあなたに対して怒っていた。
勝手すぎる、と。

でも本当のことを知っていれば、その間にもっともっと話せたかもしれない。

それが悔しくて悲しくて、
後悔してもしきれなかった。



涙が止まらなかった…













あなた

も、と、き…?

モトキ
あなた…あなた⁉︎
よかった、目覚めたのか‼︎
あなた

言わ、なく、て、ごめん…
でも、心配、かけたく、なく、て…

モトキ
心配とか迷惑とか、かけていいって
言ったろ…?
あなた

そっ、か、ごめ、ん…。

あなた

ね、泣か、ない、で。
笑っ、て?

俺が泣いていたらこいつは安心できない。


おれは目に涙を浮かべたまま、笑顔を作った。
あなた

ありがと。

あなた

モトキ。
…大好き。

そう言ってあなたは目を瞑った。


















そして、二度とその目が開かれることはなかった。
















モトキ
おれも…
大好きだよ、これからもずっと。