無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

結婚式💍
━━━前回までのあらすじ
ボロボロの赤塚幼稚園を職員みんなで直すことに。
張り切るあなたに対して、やる気のない六つ子。
明日は※預かりさん だが、半分の人数で作業を交代してやることに!







📛📛📛












桃ちゃん
ねーえ!からまちゅせんせ、みんななにやってるのぉー?
カラ松
カラ松
ん?あぁ、幼稚園を直してるんだよ
桃ちゃん
へぇー!






🌱🌱🌱










あなた

よしっ!今日は遊具の修理です!

おそ松
おそ松
ちぇー!
あなた

ちぇっとか言わないでください!

チョロ松
チョロ松
預かりさんは年少の子が多いから、普段は遊具遊び少ない今日にやるしかないんだから、ほらさっさとやるよ
十四松
十四松
やりマッスル!
桃ちゃん
あー!あなたしぇんしぇー!
後ろを振り返ると、登園してくる園児達の中に桃ちゃんがいた。
あなた

桃ちゃん!おはよ〜う!

桃ちゃん
おはよごじゃいましゅ!
桃ちゃんがこちらに向かって駆け寄ってくる。
桃ちゃん
しぇんしぇ、よーちえんなおしてゆんでしょぉー?
あなた

そうだよ〜!どうして知ってるの?

桃ちゃん
かりゃまちゅしぇんしぇがゆってたの!!!
あなた

そうだったんだね!

桃ちゃんは私の肩越しにおそ松先生の方を見る。
桃ちゃん
おしょまちゅしぇんしぇ、さいきんげんきないの…
あなた

えっ…!

おそ松先生は、私たちの前では明らかに落ち込んでるが、園児たちの前ではいつもと変わらないおそ松先生でいた。
あなた

そっ、そうかな〜?

桃ちゃん
だってね、だってね、しぇんしぇ、ほりゃ!ありしゃんばっかしみてゆの!
おそ松先生を見ると、しゃがみこんで地面を石でいじっていた。
あなた

あ〜…

あなた

!!そうだ!

桃ちゃん





🌷🌷🌷









おそ松
おそ松
桃ちゃん
おーしょまちゅしぇんしぇ
おそ松
おそ松
!!!
おそ松
おそ松
も、ももちゃん!おっはよ〜!
桃ちゃん
あのね、あのね…
おそ松
おそ松
ん?どうしたの?
桃ちゃん
おみみ、かして?
おそ松
おそ松
はい、どうぞ
おそ松先生は桃ちゃんに近付いて、桃ちゃんの顔の正面に耳を傾けた。
桃ちゃん
ももちゃんね、
ももちゃんはこしょこしょと、おそ松先生の耳に向かって小声で話し始めた。
おそ松
おそ松
うんうん
桃ちゃん
おしょまちゅしぇんしぇのこと、すきだよっ…!
おそ松
おそ松
おそ松
おそ松














 








おそ松
おそ松




















    
おそ松
おそ松
ふぇああああああああああっ!?///
桃ちゃん
おそ松先生は、変な声で叫んだ。
なんだなんだと、おそ松先生の方を登園中の園児が見る。
おそ松
おそ松
ほっ、ほほほほほほほんと!?
桃ちゃん
うんっ!ほんとーだよ!だっておしょまちゅしぇんしぇーともも、けっこんしゅるから!
おそ松
おそ松
けっ、けけけけけけけけけけ!けっこん!?///
桃ちゃん
うんっ!!✨
おそ松
おそ松
ほんとほんと!?✨
桃ちゃん
しょうだよー!ほりゃ!おしょまちゅしぇんしぇ!けっこんしきのじゅんびだよ!!
おそ松
おそ松
はぁーい!!!
おそ松先生は、桃ちゃんを抱えスクッと立ち上がると、一目散に園内へと向かった。
あなた

えっ!?あ、ちょ!おそ松先生!遊具の修理は…!!

おそ松
おそ松
午後参加しまーーすっ!!!
そう言い残しておそ松先生は、足早に園内へと消えていった。
あなた

…まじか。

チョロ松
チョロ松
まさか、やる気を出させて参加させる作戦が…
十四松
十四松
結婚式まで進展しちゃったね!