無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ちむ と 私 。 その よん
とある日のこと。


ちむが長い休みをもらえたので


少し遠出に出かけたときのこと。
ちむ
ちむ
んー、、、
あなた

どしたの、そんな難しい顔して、笑

ちむ
ちむ
なんで、お土産ってこんなに種類あるんだろ、、
あなた

迷ってるの???笑

ちむ
ちむ
これも美味しそうだし、
あれも美味しそうだし、、
それはお部屋に飾りたいし、、、
ちむ
ちむ
ねぇ、あなたは、どれがいい??
あなた

えっ???

ちむ
ちむ
お菓子買いたい派?
それとも、なんか残しておきたい派?
あなた

待って、待って、
え、何でいきなり名前?笑

ちむ
ちむ
えっ、えと、え、あ、、、、
ぬなには秘密!!!!!
あなた

あっ、ぬなに戻った!!!!



あとでちむからよくよく聞くと、


遠出したとき、ぬなって呼ぶと


恋人じゃなくて姉弟に思われるから、


だそうです。笑
ちむ
ちむ
恋人だって、周りにわかってもらいたかったんです、笑


意識するところ間違えてる気もするけど


可愛いからいっか、笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

키무디 .
키무디 .
きむち復活します✨ 文章力無い女子代表きむち👧🏻 🔖隣の家のジョングクくん。 🔖 恍惚 . 🔖 Seve Me. Love Me. 🔖 ちむ と 私。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る