無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#2
だが、あなたは裕太にアルバム
を作っていた。

裕太は、誕生日があと三日後だ。

今までの楽しい思い出を思い出して
欲しくてあなたはアルバムを作った。



あなたは昼休みに裕太に話しかけてみた。

あなた

三日後ってさ空いてるかな?

裕太
あー、うん。多分
あなた

会える?

裕太
帰り外で待ってる。
あなた

ありがと

裕太
おう
裕太はあなたに話しかけられても
全く会話を盛り上げようとせず、
すぐに終わってしまう。


裕太said

女子
三日後空いてるかな~?
裕太~
裕太
おう!空いてるぜ!
女子
あおーよ♡
裕太
こらこら、かわい子ちゃんたら♡
あ、でもアイツ(あなた)がなぁ……。
女子
その子と会ってからでもいいよぉ!
LINEしてねぇ
裕太
ありがと
あなたはその話を周りにいた男子から
聞いた。その直後裕太からLINEが来た。