無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#8
そして2人は山田涼介の家で夜を過ごした。

【朝】
あなた

おーはーよー!!
じーかーんー

山田涼介
あぁ……おはよ
あなた

私が朝ごはんつくった!

山田涼介
おぉ!まじ!元気出たかも
あなた

美味しいかわからないけど食べて!

山田涼介
モグモグモグ…… 美味しいっ!すげーなあなた
あなた

ありがとう

あなたは先に家を出た。

学校に着くとザワザワしていた。
何事だと思って、黒板を見た。

《あなたと山田涼介は夜を一緒に過ごした!》

((えっ……))
((なんで……))
風夏
どうゆうこと!?
あなた

わから、、ない。

山田涼介
おい!これどうゆうことだよ!
裕太
俺がやったんだよ。
あなた

えっ……