無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

#11
あなたはもう1回話しかけた。
あなた

昨日はごめんね。
あんな言い方しちゃって……。

山田涼介
俺、凄く傷ついた。
迷惑だったかな?
昨日のLINE。
あなた

そんなこと、ない!
凄く嬉しかった。
だけどあんな事があって
疲れてて……。

山田涼介
ごめん。今は一人にさせて……
((私が、次は私が山田くんを傷つけてしまった……。))

((情けなさすぎる……))

その日は体調も優れなくなり、
早退をした。

((LINEしちゃ、迷惑かな……))
((謝りたい、心の底から謝りたい))
明日、必ず謝る。何がなんでも。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日


あなた

山田くん!おはよう!

山田涼介
……
あなた

山田くん……

山田涼介
お願いだから……一人に
あなた

嫌だ!させない!

私は山田くんに謝りたいの!
お願い話を聞いて!

あなた

一昨日は本当にごめんなさい。
あんなに私に気を使ってくれたのに……
その優しさに気づかず、自分の事ばっかり。
私いつも間にかそんな山田くんの優しさに
惹かれてた。
好きです。
私は山田くんが好きなの……!

山田涼介
えっ……!?
本当なのか、今の言葉
あなた

本当だよ。

山田涼介
まじかぁああ!
嬉しすぎる!!!俺も好きだ!
付き合ってくれ!
あなた

うん!喜んで!
山田くんの笑った顔可愛い♡

山田涼介
……カァ/////

やめろよ!バカ!
それと、山田くんじゃなくて、
涼介って呼べよ
あなた

うん!涼介分かった😊

2人は結ばれた。
2人は幸せそうに、自分たちに巻き起こる
悲劇を知らないように。