無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#12
何日か経ち
8月に入り、とても暑くなった。

2人は今日出かける予定で、朝から
早くふたりは支度していた。

今日は2人でディズ〇~ランド
に行く約束をしていたから、
朝6時に集合だった。

先に山田涼介が着いた。
それも30分前に着いてしまい
暇だった
あなたがやっと見えてきた
山田涼介はあなた!!!って叫んだ!
そしたら、あなたも涼介!!と叫んだ!
ダッシュで走ってきた。
山田涼介
危ない!あなた
あなた

え……?

バコーーーーーーン!!!!!!!

車とあなたはぶつかり
あなたは轢かれた。
山田涼介
おい!あなたおい!あなた
大丈夫か、おい!
山田涼介はその場で泣き出した。