無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

#13
すぐに救急車がやってきた。

あなたはそのまま運ばれていった。
山田涼介は、すぐに病院に向かった。

山田涼介は待合室でずっと待っていた。

そして、医者がやってきた。

医「すいませんが……意識が戻らない可能性が高いです。」

山田涼介
えっ……
((あんなについさっきまで元気だった
あなたがこんなことになるなんて))

山田涼介は、頭が真っ白になり
何も考えられなくなり、
1晩は病院で過ごした。