無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

#19
涼介はあなたの方を向いたまま黙っていた
何言ってるの!

こんなことまでして!
あなた

悪かったよ……
だけど、それでも涼介といたかったの!

山田涼介
俺もです
だからって……
本当にお前らは馬鹿だな
あなた

えっ……

そこまでして2人でいたいのか?
山田涼介
はい!
あなた

うん

ちょっと考えさせろ
あなた

それまで部屋にいるね。
涼介行こう

だめだ。涼介くんは此処で待ってなさい
あなた

んーもう

1時間後……
2人のお付き合いは認める
あなた

やった

山田涼介
おお!
だが!またこういうことをしたら許さないからな
そういった
山田涼介
はい!
あなた

涼介に迷惑かけたから送ってきていい?

山田涼介
いいよいいよ。危ないから。
あなた

ありがと!
明日ね~

山田涼介
おう!
ー次の日ー


(あーそう言えば、風夏にも涼介と付き合ってる事言わないと~)
風夏
あの……好きです!
風夏
ずっと前から……
あ……風夏
(え……風夏と涼介が一緒に……なんで?)