プリ小説

第32話

#32
悠人side

悠人「なぁ、遥」

遥「ん?」

悠人「俺、告白しようと思う」

遥「おー、そっか…って、え?!」


目を見開いて俺を見る遥


悠人「そんな驚くことかよ笑」

遥「いや、まぁ、頑張ればいいんじゃん?」

悠人「おう」

遥「…ほんとは、言うなって言われてたけど
実は、…陽平ってやつ、真衣に告ったらしい」

悠人「え…」

遥「言うなよ、これ!怒られるから」


先越された……

真衣はなんて答えたのだろう

こればっかりしか出てこない


遥「でもそいつの告白は悠人に関係ないからな?」

悠人「は?」

遥「だって、悠人は悠人じゃん!悠人の気持ちちゃんと言えばいいだけだろ」

悠人「…遥のくせに!!」


こいつ、朝からムカつくことを!

…でも、遥の言う通りだ


俺は、俺の気持ちを伝えればいいんだ


真衣「悠人!」

悠人「ん?」

真衣「き、今日、一緒に帰ろ!」

悠人「え、あ…おう」


なんかすごいおどおどしてたけど、

でも俺も、伝えられる場所ができた


遥「頑張れよ」

悠人「おう」


真衣side

わぁぁ…一緒に帰ろって言ってしまった

緊張した!すっごい緊張した!!!


陽平「あ、」

真衣「あ、」


1人でもがいていると、陽平くんと遭遇

なんか、気まずいと思ってしまう

けど、言わなきゃいけないことあるから


真衣「あの!陽平くん!」

陽平「は、はい!」

真衣「あの、あのね、返事したくて」

陽平「…はい、じゃ、放課後でいいですか?」

真衣「うん!」



私の気持ちを、素直にいえばいいだけ



菜穂「よし!真衣!行ってこい!!」

真衣「うん!!」


あっという間に時間はすぎて

もう放課後になった


約束した場所に、行く


真衣「陽平くん!ごめんね、遅れて」

陽平「全然です!俺も今来たとこです」


そこは、陽平くんが私に告白してくれた所


真衣「……」

陽平「……」


真っ直ぐ、素直に、言えばいいだけ


真衣「…あのね、

陽平くんは、笑顔がキラキラしてて

陽平くんの笑った顔見ると、私も笑顔になれた

…たくさんドキドキしたこともあった

けどそれは、違う人と重ねちゃってたから

だったんだ…」

陽平「その違う人って、悠人先輩ですよね」

真衣「…うん、そうだよ

いつの間にか、重ねてた

でもね!陽平くんと話したりするの

すごい楽しかったよ!いつでも悠人と重ねてた

わけじゃないんだ、だから、

…ごめん、なさい」

陽平「…少し気づいてました

真衣先輩には好きな人がいるって

それが、悠人先輩だってことも

でも俺、諦めたくなくて、たくさん話したり

しました。…俺も楽しかったです」


ちゃんと、伝えられたかな

真っ直ぐに、私の気持ちを


真衣「陽平くん、じゃあまたね!」

陽平「はい!これからも、よろしくお願いします!後、…頑張ってください」

真衣「うん、よろしくね!…ありがとう」


陽平くんは、私に真っ直ぐに

伝えてくれた


次は、私の番だ





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

miku: )
miku: )
初めて書くので、すごく下手だと思いますが、よろしくお願いします!! 間違ってるとこ、たくさんあると思います… ♡押してくださるとすごく嬉しいです!