プリ小説

第24話

#24
菜穂「先生の話長すぎ」





先生が話し始めて10分くらい経ってます




悠人「俺眠くなってきたわ」
真衣「二人とも!だめだよ!」
菜穂「真衣は真面目すぎなんだってば」
真衣「そうかなぁー」(窓の外を見る



…遠目だけど、なんとなく、槙田くんっぽい子が見えた



1年生と2年生の棟は、並んでいて、
渡り廊下をわたれば行けるようになっている

だから、そんなに離れている訳では無い



悠人「真衣何見てんの?」
真衣「へっ?」

わぁぁ!悠人に先生の話聞いてないのバレた

悠人「…ちゃんと話聞けよ笑」(苦笑い
真衣「あ、うん」



なんか今、笑い方不自然だった気が…



気のせいか!!





先生「じゃー今日は、このあとは何も無いが、
事故起こさないようにな!明日からよろしく!終わり!」
みんな「さよーならー」


ガヤガヤガヤ


菜穂「じゃー帰るか」
真衣「うん!」
悠人「遥のとこ、行ってやるか笑」
菜穂「そーだね笑」
真衣「うん…」


菜穂と話す時は普通に笑うじゃん…




って、何私拗ねてんの?!




菜穂「真衣行くよ?」
真衣「あ、うん!」



遥「菜穂〜!!!」
菜穂「はいはい笑」
悠人「遥きもっ」
遥「うっせー!1人結構寂しいよ?」
菜穂「どーせ遥の周りには人がたくさん集まるんでしょ?笑」
遥「…まあ、ね?笑ドヤッ」
悠人「ドヤ顔すんな」(ほっぺをつねる
遥「いだーーいーー!!!」
真衣「……」(ボケーッ



なんか、分からないけどすごく気持ちが暗い


どうしたの私!!!


しっかりしてよ〜…



ドンッ!!!


真衣「いったぁ…」
陽平「いってぇ…」
真衣「ご、ごめんなさいっ」
陽平「大丈夫でs…って、加藤先輩!」
真衣「槙田くん!」


わぁ…やってしまった。


1人でバカみたいに考え事してるからだぁー


陽平「けが、してないですか?」
真衣「大丈夫!何ともない!」
陽平「よかったぁ…」
真衣「?」(ポカーンとする
陽平「あ、なんでもないっす!」


私のせいなのに、なんで槙田くんが安心してるんだろ?


菜穂「真衣ー??」
真衣「あ、今行くー!」


私が事故ってる間に、3人は進んでたみたいで


もう門から出ていた


真衣「じゃー、またね!」(手を振る
陽平「はい!また!」(手をあげる




菜穂「もー何してたの!」
真衣「ぶつかっちゃって…あはは」(苦笑い
悠人「…どんくさい」
真衣「…そーだね、」(苦笑い


何よ、どんくさいって


悠人のせいだよ?


菜穂「…」
遥「…き、今日どっか寄ってく?俺腹減った〜」
菜穂「お、それいーね!賛成!」
真衣「…私用事あるから、帰るね」
悠人「……」
菜穂「え、ちょ!」
真衣「また明日!」


遥に気遣わせちゃった…


あー…もう、何してんだ私!



悠人side


何してんだ俺

さっき言いたかった言葉は違うのに



菜穂「あんたたち、また何かあったの?」
遥「真衣、めっちゃ沈んだ顔してたよ?」
悠人「…全部俺のせいだ」



俺が勝手に妬いてイラついてて、


それを真衣にぶつけてるだけだ



悠人「……むかつく」
菜穂「あ、分かった!あの後輩くんだ!」
遥「後輩?」
菜穂「槙田陽平くん!でしょ?」
悠人「……」
菜穂「もー、素直じゃないなぁ!ちゃんと明日、謝んなよ?多分、真衣も謝ってくるよ」
悠人「わかってる」




俺は自分勝手すぎる


真衣は何も悪くないのに、勝手にあたって


もーほんと、バカすぎる自分が嫌いだ






真衣side


明日、悠人に謝らなきゃ


私がなにかしたから怒ってるんだよね?!


無意識のうちに何かしてた?!
…そしたら最低だ、私



ピロンッ


スマホの通知が鳴った


真衣「…悠人かな?」


菜穂((真衣、大丈夫?いきてる?


真衣「菜穂かぁぁーびっくりした」


真衣))無事です。笑
菜穂))おー、良かった良かった!今ね、3人で恋バナしてるよ^^
真衣))恋バナって笑 楽しそうでなにより
菜穂))真衣さぁ
真衣))ん?
菜穂))悠人のこと、好き?


真衣「な、何いってんだ菜穂」


真衣))私、この間まで先輩好きだったんだよ?
菜穂))うん、知ってる
真衣))前に菜穂と話した時にさ、新しい恋しようって思ったんだけどさ
菜穂))うん?
真衣))そんなコロコロ変えると、私すごい嫌な女じゃない?
菜穂))恋にはそんなの関係ないから!!
好きになったものはどうしようもないの!しょうがないの!
真衣))そーなのかなぁ




私の心は、ここ最近ゆらゆら揺れすぎてる




先輩のことを好きだったってことを


大事にしなきゃって


悠人が優しくしてくれたりする時に


ドキドキして




菜穂))私は、自分の気持ちを信じるかなぁ
真衣))自分の気持ち?
菜穂))自分が感じた気持ちを受け入れる?みたいな!笑



私が悠人に対してドキドキしたのも、


菜穂とは楽しそうに話すのに


私の時は苦笑いでやだなって思ったのも


受け入れたら素直になれるかな



真衣))菜穂、ありがとう
菜穂))え?うん
真衣))また明日!


菜穂には助けられてばっかだなぁ


菜穂))あ!ちょーっとまって!
真衣))なに?
菜穂))はい、連絡先


菜穂から送られてきた連絡先は、


真衣「よ、う、へ、い?」


ローマ字で書かれた名前には、

そう書いてあった


菜穂))遥の同中の後輩らしくて
真衣))へぇ!
菜穂))真衣と、話したいんだってさ( ̄▽ ̄)
真衣))なにそれ笑
菜穂))じゃーまたね?
真衣))はいはい笑たのしんでね^^


真衣「私と話したいって、相当変だよ笑」


と、いいつつ、そんな事思ってくれてる人がいたのは初めてだったから


真衣「ちょっと嬉しい、かも」


なんてね



こういうの、私から送るべきなのかな?


んー………


おくるか!


真衣))槙田くん!加藤真衣だよ
菜穂からもらいました、よろしくね^^



送信、っと


ピロンッ


はや!!



陽平))はい!!よろしくお願いします!
あ、後俺のこと陽平でいいっすよ
真衣))さすがに呼び捨ては!笑
陽平くん、でいいかな?
陽平))そーっすよね笑 はい!
真衣))じゃ、私も真衣で
陽平))真衣先輩、て呼びますね!
真衣))(*・∀・*)ノ ハーイ
陽平))それ面白いっすね



陽平くんって、なんか面白い!
話し方とか



真衣))陽平くんて、面白いね
陽平))え?!どこがっすか?!
真衣))んー話し方とか笑
陽平))え…笑
真衣))あ、ごめんね?!
陽平))大丈夫っすよ!笑俺ずっとこうなんすよ笑
真衣))いいと思うよ!陽平くんらしくて!



なんとかっす!て、なにかのキャラみたい笑


ピロンッ


誰だろ?菜穂かな?


悠人))今日は、ごめん
明日学校でも言うけど、どうしても言っときたくて


真衣「優しいんだよなぁ、」


真衣))全然だよ!私がなにかしちゃってたんだよね?ごめんね
悠人))いや、俺のせい
真衣))悠人だけのせいじゃないよ!
悠人))俺だけのせい


真衣「ふふ笑」

これ、ずっと言い合いになるやつだ


真衣))じゃーお互い様ね?笑
悠人))おう笑
真衣))じゃあまた明日
悠人))おう




悠人は、すぐ自分のせいだとか言って


謝るけど、そんな事ないのにな



ピロンッ


陽平くんだ!


陽平))あの!質問、いいすか?
真衣))いいよ?


なんだろ?


陽平))先輩って、好きな人とかいますか?
真衣))んー



唐突だ…


好きな人、か


いるのかなぁ、今



真衣))今はいないかな?
陽平))今はって事は、前はいたんすか?
真衣))聞いちゃいますか笑
陽平))あ、すいません、無神経でした!



多分この質問、ほとんどの人が答えないと思う笑


真衣))秘密だよ、なんて笑
陽平))そーっすよね、すいません笑


陽平くんだけずるい!と思い、


私も質問してみた


真衣))陽平くんは?


まだ高校入学してきたばっかだしね

いないかぁ

と、思ってたら


陽平))いますよ


真衣「え!?」

私は驚きつつ、応えた


真衣))そうなんだ!中学から好きだったとか?
陽平))違います!一目惚れっす!
真衣))そうなの?!わぁ!すごい!!


一目惚れかぁ…


そういえば私もそうだったなぁ





その後、だんだん眠くなってきて、



私は寝た
























シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

miku: )
miku: )
初めて書くので、すごく下手だと思いますが、よろしくお願いします!! 間違ってるとこ、たくさんあると思います… ♡押してくださるとすごく嬉しいです!