プリ小説

第10話

#10
和馬「真衣ちゃんおはよ?」
真衣「お、おはようございます!」


先輩だ…辛いの思い出しちゃうな


和馬「球技大会、楽しみだね」
真衣「はい!初めてだし、楽しみです!」
和馬「真衣ちゃんは何に出るつもり?」
真衣「んー…」
和馬「俺はサッカーかな」


サッカー…先輩がしてる所、
かっこいいんだろうな

なんて、想像してしまう


真衣「そうなんですね!」
和馬「小学校からしてたからさ!」
真衣「なんか、先輩サッカーしてそうです!」
和馬「なんだそれ!笑」


私何に出ようかなぁ
バレー?バスケ?んー…どれも得意じゃない


和馬「真衣ちゃんはバレーしてそう」


だったらバレーする!!!!
て、心の中では叫んだけど


真衣「じゃあ、バレーにしようかなあ」



落ち着いてる風を装った






真衣「私絶対バレーがいい!!」
菜穂「えーなにそれ笑」
真衣「バレーがいいの!」
菜穂「はいはい笑」


クラスで競技を決めることになり、私は見事、
バレーになった
ちなみに菜穂も!!


菜穂「がんばろう!真衣!」
真衣「うん!!」


先輩、見ててくれるかなぁ





なんて、高望みをしてしまう





見ててくれたらいいのになぁ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

miku: )
miku: )
初めて書くので、すごく下手だと思いますが、よろしくお願いします!! 間違ってるとこ、たくさんあると思います… ♡押してくださるとすごく嬉しいです!