プリ小説

第11話

#11
準備も順調に進んで、ついに球技大会まで
残り少なくなってきた。


実行委員がある時は、いつも、私と和馬先輩と悠人で帰るのが習慣みたいになってきていた。

けど、それももうすぐで終わり


私たちも学校にだんだん慣れてきた


先生「えーそろそろ球技大会が近づいてきた」


真衣「やばい、練習全然してない」
菜穂「私も」
悠人「今まで何してたんだよ笑」


先生「みんな、くれぐれも怪我をして大会出られません、てならないように」
みんな「はぁーい」


菜穂「でもさぁ、真衣は運動神経いーじゃん」
真衣「いやいやいや!そんなことは」
菜穂「あるのー!私全然できないわ〜」
悠人「へぇ、意外。なんか逆っぽい」
真衣「なんかそれは傷つく!」
菜穂「私運動神経良く見えるのかぁ笑」
悠人「見た目ね、見た目」


どーせ、悠人は男子だし、運動すごい出来るんだろうなぁ

あ、そういえば何に出るんだろう


真衣「悠人は何に出るの?」
悠人「あー、俺サッカーだよ」
真衣「え、うそ!!!!」

サッカーて、先輩も出るよ?!!

悠人「何かあんの?」
菜穂「先輩も出るらしいよ」
悠人「ふーん、じゃあもしかしたら当たるかもな」
真衣「え?」
菜穂「うちの学校の球技大会、学年関係なしで試合するらしいよ!」
真衣「わぁぁ、まじかぁぁ」



和馬先輩と、悠人が試合って、
どっち応援すればいいのー!







…先輩、頑張ってください!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

miku: )
miku: )
初めて書くので、すごく下手だと思いますが、よろしくお願いします!! 間違ってるとこ、たくさんあると思います… ♡押してくださるとすごく嬉しいです!