プリ小説

第27話

#27
真衣「菜穂、早くしてよ〜!」

菜穂「ごめんごめんっ」


今日は、菜穂とお出かけです!!

すっごく楽しみだなぁ!


菜穂「んーと、まずどうするか?」

真衣「実は、お願いがありまして…」

菜穂「お願い?」




そう。私のお願い、とは。




真衣「お兄ちゃんの、誕プレ!
買わないと、お兄ちゃん怒るし…」

菜穂「あ、真己さんね笑りょーかい笑」



お兄ちゃんは、すぐ機嫌悪くするから

特に、誕生日の日はひどい

プレゼントが1日でも遅いと口を聞かない



菜穂「真己さん、真衣ラブだもんね〜」

真衣「もーほんと困るんだよ?」


と、いうことで、お兄ちゃんの誕プレ探し

が始まった。


菜穂「これはどう?」

真衣「わぁ!菜穂天才!」

菜穂「お、おぉ笑」


菜穂は、私のことも分かるのに、

お兄ちゃんのことも分かっちゃうの?!

さすがだ、菜穂


真衣「はぁ〜!良かった!」

菜穂「じゃ、私たちも買い物する?」

真衣「うんっ!」


2人で歩き出した時、見たことのある姿が

見えた。


陽平「真衣先輩!!!」

真衣「陽平くん!…と、友達かな?」

洸太「佐野洸太です、よろしくです」


なんか、落ち着いてる雰囲気の子だな


真衣「佐野くんかぁ!よろしくねニコッ」

洸太「は、はい」//

菜穂「あらま〜笑」

陽平「先輩、反則すぎですよ」

真衣「へっ?」

洸太「陽平、わりぃ笑」

陽平「…真衣先輩、私服、…かわいいボソッ」

洸太「普通に言えっつーの笑」

菜穂「あはは笑かわいーなぁ笑」

真衣「え?なになに?」

洸太「先輩が可愛いって!」

真衣「ふぇっ?!」//


か、可愛いって……

てか、佐野くんも普通に可愛いって

言ってきたしっ!!


陽平「っ…」//

洸太「先輩照れてる、かわいー笑」

菜穂「後輩にいじられてやんの笑」

真衣「も、もう!みんなひどいよっ」


可愛いとか言われたことないし

そりゃ、照れるでしょ!!


菜穂「じゃ、真衣行こっか」

真衣「うんっ、陽平くん、佐野くんも、

またね〜」

陽平「は、はい!!」

洸太「はい!」





菜穂「買い物できたし、後輩くんたちに

会ったし、なんか楽しい1日でした!」

真衣「そーだね!楽しかった〜」




なんか、すごく早く感じたなぁ

陽平くん、いつも制服で見てると

幼いけど、

私服かっこいいなぁ〜なんて笑




菜穂「帰ろ!」

真衣「うん!」




今日は、なんだかよく眠れそうだ














シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

miku: )
miku: )
初めて書くので、すごく下手だと思いますが、よろしくお願いします!! 間違ってるとこ、たくさんあると思います… ♡押してくださるとすごく嬉しいです!