プリ小説

第25話

#25
悠人side



女子A「あ、あのっ、私っ、その…好きです!!」

悠人「…ごめん、俺、そういうの考えられなくて」

女子A「…そっか!聞いてくれてありがとうっ」






遥「また告白かよ!」
悠人「声でけーし」
遥「ほんっと、モテるよなぁ」
悠人「そんなんじゃない」
遥「お前は告白しないの?」




告白、か




そんなのしても、今より関係悪くなるだけだと思う




遥「最初からびびってたらだめだからな〜」
悠人「は?」


俺は、考えてたことを遥に見透かされたのかと思って、つい強く言ってしまった


遥「え、何、図星?」
悠人「ち、ちがう!」
遥「まぁさ、男なんだし?こういう時は、ズシッと構えて、な?」
悠人「お前が言うな笑」





うるせーー!て、遥が俺をばしばし叩いてくるのを我慢しながら


頑張ろうかな、なんて考えていた




〜昼休み〜


遥「今日、悠人んち行くから!」
悠人「は?まじで来るな〜」
遥「ひどいひどい!」


遥と、たわいもない話をしていた


そこに


陽平「あの!」
遥「えっ、と…?」


遥は思い出せないみたいだけど、

俺はすぐわかった




陽平「真衣先輩のこと、奪っていいっすか?」



…は?



遥「な、何言ってんだこいつ」

悠人「…奪うって…」

陽平「彼氏、ですか?」

悠人「や、違う、けど…」

陽平「でも、真衣先輩のこと好きですよね?」

悠人「は?お前、なにいっ…」

陽平「宣戦布告、てことにします」



こいつは本当に、何を言ってるんだ



悠人「…勝負ってこと?」

陽平「はい」

遥「悠人、こんなやつにのるn…」

悠人「わかった、うけてたつ」

遥「は?!」



遥はすっごい驚いてたけど、
いい機会だと思った

俺はまだ、告白するのもびびるような

小心者だし






でも、絶対負けたくない

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

miku: )
miku: )
初めて書くので、すごく下手だと思いますが、よろしくお願いします!! 間違ってるとこ、たくさんあると思います… ♡押してくださるとすごく嬉しいです!