プリ小説

第33話

#33
真衣「悠人!ごめん、遅れた!」


私は顔の前で手を合わせて謝る


悠人「全然大丈夫、行こ?」

真衣「うん!」


大丈夫だ、自分

頑張れ加藤真衣!!


「「あの」」


私と悠人の声が重なった


悠人「えっ」

真衣「さ、先にいいよっ」

悠人「いや、真衣からいいよ」

真衣「いやいや!!」

「「…ふっ笑」」


譲り合いが始まって、面白くて

二人して笑ってしまった


悠人「じゃ、俺からにするけど?」

真衣「ど、どーぞ!」


悠人は急に黙り出して、うつむいた

悠人は、私に何を言うんだろう


悠人「……友達思いで、

自分のことは後回しで、でもそれは優しさで

笑った顔可愛くて、すっげー素直で、

…そんな真衣が、好きです」

真衣「えっ…」




悠人「だから、俺と…

付き合ってください。」



真衣「う、うそ…」(泣く

悠人「え、ちょ、ごめん!え?」

真衣「わ、私も悠人のこと好きだよっ…

だから、嬉しくて…」グスッ

悠人「え…まじかよ…」//(手で顔を隠す



泣いちゃったから、ちゃんと

言えなかったけど、


でも、優しい悠人が大好きだよ




無理だって分かってても、

その気持ちをすぐ変えられない



なら、その気持ちを大事にすればいい






END

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

miku: )
miku: )
初めて書くので、すごく下手だと思いますが、よろしくお願いします!! 間違ってるとこ、たくさんあると思います… ♡押してくださるとすごく嬉しいです!