プリ小説

第26話

#26
陽平side




陽平「宣戦布告、てことにします」




あんなこと言ったけど…





陽平「俺、自信ないんだけど!!」

洸太「自分で言っといてそれはない笑」←陽平の友達

陽平「だって、俺、彼氏かと思ってたし…」

洸太「…さすがだな、陽平笑笑」



ああぁぁ!!!

どうすればいいんだ?

勝負って、何するんだよ?



菜穂「真衣〜?置いてくよ?」

真衣「ちょっと待ってっ」(焦ってる



洸太「陽平、いるよ?」

陽平「…わかってる、」



俺は、話しかけて、もっと仲良くなる!




真衣side

陽平「真衣先輩!こんにちは!ニコッ」

真衣「おぉ!陽平くんニコッ」


私は、菜穂に置いていかれそうになり、
急いでいた。そこに、陽平くん登場。


陽平「やられる…ボソッ」//


なんかいった気がするけど…いっか!


菜穂「よぅ!後輩くん!」

陽平「どーもです!」

菜穂「どした?何か用?」

真衣「私たち、次体育なんだ〜」


最悪だよ〜と言いながら、私は
上履きのかかとを踏んでいたのを直す


陽平「特にないっすよ!真衣先輩見かけたんで、話したいなぁ、て」


まただっ!話したいなぁ、て…//
変に照れるじゃんか〜!笑


菜穂「さりげなく、キュンとすることを笑」

真衣「わざわざありがとう〜ニコッ」

菜穂「真衣も鈍いな笑笑」

陽平「ほんとっすよね笑」

菜穂「君わかってるね?笑」


なんか、2人通じあってる?笑


真衣「それ、ひどいよ〜笑」

陽平「すいません笑じゃ、体育頑張ってくださいね!また!ニコッ」

菜穂「ばいびー」

真衣「またね〜」



陽平くんて、ほんと笑顔が似合うなぁ

和馬先輩みたい、なのかな?


菜穂「行こ、真衣」

真衣「うんっ」




何でかわからないけど、


陽平くんと和馬先輩を重ねた時、






私は少しだけ微笑んだ


















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

miku: )
miku: )
初めて書くので、すごく下手だと思いますが、よろしくお願いします!! 間違ってるとこ、たくさんあると思います… ♡押してくださるとすごく嬉しいです!