無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

ま、まさか…
私は2人の後に続いていった
たまたま隣の部屋だった
あなた

おぉ...

あなた

ここが、愛のホテルというものですか...

あなた

って、今はそんなことはどうでもいいっ!

私は壁に耳を当てて2人の声を聞いた
ここ
ここ
き、今日はありがと...
誠也
誠也
おう
ここ
ここ
私、なんか、はまっちゃって...
ここ
ここ
誠也くんの気持ちくて...
誠也
誠也
みーとぅー
ここ
ここ
考えがあるんだけど...
ここ
ここ
私たち、セフレにならない?
あなた

ぶぇ?!