無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

入学式
ピピピピ ピピピピ
目覚ましがなって私はカチッと目覚ましを止める。

ん〜!と声をあげ私は二度寝。
そのまま寝てしまった…
少し時間が経つと...

あなた

はっ!

あなた

今何時だ?!
えーっと...

あなた

8時だぁぁぁぁぁぁっ!

あなた

やばいやばいやばい!!
遅刻する〜!!
入学式早々遅刻はやだっー

未来は急いで制服を着て、靴を履いて急いで家を出た
あなた

いってきまーす!

あなた

はぁはぁはぁはぁ...

あなた

疲れた...

あなた

ょし、後もう少しだからはしらなきゃ...

未来は最後の力をふりしぼり全速力で走ったら...
・:*三( ε:))☆((:3 )三*:・。ゴツンっ
あなた

いったぁー...

??
いってー...
あなた

ご、ごめんなさぁぁぁぁい

未来はペコっとおじぎをして走った
??
なんだ、あの人
未来は学校について下駄箱に靴を入れうわばきを履いて急いで体育館に向かった。
あなた

はぁはぁ...

ここ
ここ
未来おはよう!ギリギリセーフだったねー
あなた

ここぉぉぉ!

あなた

ひざしぶりぃぃぃぃぃ

ここ
ここ
ww ひさしぶりぃぃぃぃ!w
ここ
ここ
早く座らなきゃ。校長先生の長話、始まるよ...
あなた

あ、うん...

ここの言ったことは本当におきて、校長先生の長話が始まった
あなた

な、ながぁー...

ここ
ここ
ながかったねー...
ここ
ここ
早く教室行こ!さっきクラスのやつ見たら私と未来同じクラスだったよ!
あなた

本当?!
やったー!

そして未来とここはクラスへと向かった。