無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

放課後
皆がいなくなった
ここ
ここ
えっと、なんかようじ...?
クラス男子①
クラス男子①
あのさ...
急に私の胸を触ってきた
ここ
ここ
きゃっ///
ここは反射的に手を振り払った
ここ
ここ
な、なにするの...?!
クラス男子①
クラス男子①
ここちゃんの胸さ触ってみたかったんだぁ///
ここ
ここ
えっ...
クラス男子①
クラス男子①
ちょっとだけで、ね?いいでしょ?
そしたらここの腕を掴み、ボタンを外し、ブラ状態にさせてきたのだ
ここ
ここ
い、いやぁ...なんでこんなことするの...
クラス男子①
クラス男子①
俺といけないことしようよ
ここのブラホックを外した
クラス男子①
クラス男子①
うわぁ...///でけぇ...マシュマロみたいに柔らかいし、白い///
ここ
ここ
うぅ...///
私はち〇びを指先でグリグリ触られた
ここ
ここ
あぁっ...
クラス男子①
クラス男子①
すっごい可愛い声出すね...///
こっちも欲しそうじゃん
ここのあそこに指を突っ込まれた
ズプッ
ここ
ここ
あ、あぁっ...///
だ、だめぇ...///
クラス男子①
クラス男子①
んふふ///ここちゃんだけ気持ちよくなってずるい。俺も気持ちよくなる
そしたら、クラス男子があそこを出してきて、私のあそこに入れてきたのだ
ここ
ここ
ふぁっ...///
パンパンパンパン
ここ
ここ
あっあっあっ...
クラス男子①
クラス男子①
きもちぃぃ///
やべぇ、でるっ...///
ここ
ここ
た、たすけてぇ...あぁっ///
誠也
誠也
...?
誠也
誠也
なんか声聞こえた
誠也は教室のドアをいきよいよく開けた
ここ
ここ
あぁ...///
せ、誠也くぅん...あぁっ///
た、たすけあぁっ...
誠也
誠也
お前、何やってんだよ!
誠也はクラス男子を突き飛ばした
ここ
ここ
う、うぅ...
ここ、めっちゃ体が震えてる...
誠也
誠也
大丈夫か
ここ
ここ
せ、誠也くん...わたし...怖かった...
誠也
誠也
もう大丈夫。俺がいる
誠也
誠也
おまえ...何したか分かってんのか?!
クラス男子①
クラス男子①
...
黙り込んでいた
クラス男子①
クラス男子①
...っ