無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

放課後④
私は下駄箱にいってその場でしゃがみ込んだ
あなた

えぇ...?

あなた

信じられない...

私は顔が暑くなるのがわかった
その時
ここ
ここ
あなたー!!
あなた

...!

ここ
ここ
遅れてごめんね?
誠也
誠也
よう
ここ
ここ
たまたま誠也くんともあって、話してたの!
あなた

そ、そうなんだ

その日は3人で帰った

気まずい...
あなた

あ、わ、私今日塾あるから先帰るねっ!

ここ
ここ
えっ、あなたー!
なーんて嘘。2人を後ろから尾行するため(´>ω∂`)
あなた

...

あなた

仲良さそうに歩いてる...

15分後
あなた

2人、いつまで歩いてるの...ハァハァ
てゆうか、ここ、歌舞伎町...

周りにはたくさんのホテルが並んでいた
あなた

ま、まさかっ

2人がラブホテルとかいたホテルに入っていくのが見えた
あなた

ま、まじかぁ

私はこっそり、一緒にホテルの中に入っていった