無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

教室での奇跡
教室に着いた。私たちの教室は1-B
うわぁぁ...
ここ
ここ
どうしたの??
あなた

ここと...

あなた

席めっちゃ離れてるじゃん...!

ここ
ここ
ほ、ほんとだ...
あなた

いや...そんなの...

ここ
ここ
で、でも同じクラスに慣れたし、いいじゃん!きっと席替えもすぐだよ!
あなた

そ、そうかな...

その時私はクラスの人とぶつかってしまった
あなた

いった...あ、ごめん!

??
あぁ、だいじょうb...
...ん?
あなた

あぁぁぁぁ!

あなた

あなた、朝ぶつかった人...!

??
朝走ってた人だ
あなた

朝はほんとにごめんなさい...
遅刻しちゃいそうで急いでて...

??
いや、大丈夫です
あなた

あの...お名前は...?

誠也
誠也
...小泉誠也
あなた

小泉誠也くん...よろしくね

誠也
誠也
...よろしく
ここ
ここ
あ、あの、私忘れてない...?笑
あなた

あ、ごめん!忘れてた笑

ここ
ここ
(・ε・` )
ここ
ここ
あ、私の名前は秋田ここ!よろしくね、誠也くん
誠也
誠也
ここ...よろしく
あなた

...1つ質問いいかな...誠也くん

誠也
誠也
なに
あなた

ほ、ほんとに高校1年生...?

誠也
誠也
うん、
あなた

す、すごい身長高いね

私の身長は153cm。誠也くんは私の何倍も身長が高かった
誠也
誠也
俺、身長182だからさ
誠也
誠也
よく間違われる
ここ
ここ
いいなぁ身長高くて。私162しかないよ
あなた

私153なんですけど...

ここ
ここ
あ、なんかごめん笑
誠也
誠也
俺、ちっちゃい人好きだよ。
あなた

へっ?

す、ストレートすぎてびっくりした...
あなた

えへへ、ありがとう

先生
はい、みんな席につけー 
自己紹介を始める。
じ、自己紹介?!