無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第2話
462
2017/10/22 05:41
* 午前中の授業は何故か丸山先生の事を考えてしまっていた、、、


(( 考えないようにしなくちゃ、、、



* お弁当の時間です、、、
いつも日が当たる花壇の前のベンチに
座ってお弁当をたべます、、、


(( 頂きま、、、


もらい〜!!


* お弁当の中の卵焼きをヒョイっと掴み口の前に持っていく、、、


(( 丸山先生!!!


これ食べてええ?


(( 私の卵焼き、、、


* 子犬のような目で見つめてくるから断われやしない


(( どうぞ、、、


頂きます!!


(( どうですか、、、??
一応自分で作ってるので、、、下手ですけど


上手いやん!!
卵焼きの女神なん??笑笑


(( そんな女神いるんですか???
初耳ですけど、、、笑笑


居ると思うけどなぁ笑笑


(( あんまり嬉しくないですけど笑笑


なんでやねん笑笑
卵焼きの女神は俺だけの女神やで??


(( どこにでもいないんですか??


激レア!!1人だけやし笑笑


(( てことは私は激レアってことですね笑笑
ありがとうございます!!


どういたしまして!
ありがとうな!!


(( 何がですか??


卵焼き、、、の女神笑笑
美味しかったで!!


(( 卵焼きの女神、、、気に入ってるじゃないですか笑笑


* 何でだろう、、、全然嫌じゃない、、、
だって激レアだし先生だけの女神、、、??


また作ってきてくれてもええけど〜??


(( 気が向いたらで笑笑


そかそか!待ってるで笑笑


* 頭を撫でてニコニコ手を振り去っていく丸山先生、、、
どうしてなのか、すこし寂しい気がする、、、