無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

394
2017/10/22

第4話

第4話
(( 私も一緒に探します、、、


ええの!?


(( ここよく来るんで、、、
大体の場所は分かると思います、、、


じゃあお願いします!!


* そうして丸山先生と本を探し始めた、、、


(( 先生、、、これ、、、ですか?


あー!!これや!!
どこにあったん??


* そういう系の本は大体この辺りに、、、


これもあった、、、あーこれも載ってるやつや!!


* 子供のように喜ぶ先生、、、


ありがとう!!
遅くまでありがとうな!


* ありましたぁ〜遅くまですんません笑
って図書室の先生に謝ってる丸山先生、、、


ほんますんません!
コイツちゃんと連れて帰りますんで!


* 手を引かれ図書室を出た



あずまありがとうな!
ごめんなこんな遅くまで、、、


* また頭をなでる先生、、、
癖なのかな、、、


(( じゃあ、電車なので帰ります、、、


あずまって電車で来とんの!?


(( そうです、、、


ごめん!!!


(( いいんです、、、面白かったんで笑笑


* 先生が持ってる本を半分持ち歩く


(( どこに持っていくんですか?


あかんよ〜もう帰らな!


(( 次の電車までもうすぐあるんで、、、


ありがとう、、、


* 何話せばいいか全く分からず無言で歩く、、、



あずま、、、


(( なんですか?


さっき笑っとったやろ?


(( さっきって??


俺が資料探してる時、、、


(( 本が面白かったんです、、、


あ、、、本か、、、あぁそっか、、、


* あれ、、、ちょっと残念そう??


(( ふふっ、、、


あー、何笑っとんねん笑笑


(( 嘘です笑笑
先生が面白かったので笑笑


嘘つきやー!!


(( ごめんなさい笑笑


やっぱり、、、
笑った方が可愛ええよ!


(( 先生冗談お上手ですね笑笑


冗談やな、、、


(( ごめんなさい先生、、、
終電来ちゃうから行くね、、、


* 先生の机に本をおき急いで職員室を出た、、、


あずまっ!


* この時、私は気づいてなかった、、、
丸山先生が好きってことを、、、