無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

398
2017/10/23

第7話

第7話
" 次の日は"あなた"って呼んでよくれなかった隆平、、、


(( 隆平せんせ、、、


おはよ、あずま!!


(( おはよ、先生、、、




* 寂しい、、、あなたって呼んでほしい、、、
そうしてあっという間に放課後、、、
今日は国語科資料室の前に来ている


(( あ、、、いつの間に、、、


あずま!!なにしてるん?


(( あ、、、りゅ、、、丸山先生
先生に会いたくて、、、


ちょっ、、、中入り?


* 迷惑だろうし教師と生徒だしめんどくさいかもしれないけど
隆平が好き、、、


どうしたん?したばっか向いて、、、


(( せんせ?なんであなたって呼んでくれないの?


俺はな、、、あなたと2人きりの時に呼ぶことにしてん、、、
学校にバレたらもう会えへんなるし?


(( 先生?


隆平やろ?


(( うん、隆平?


なんや、、、あなた


(( 好きです、先生


うん


* 涙が勝手に出てくる、、、


何泣いとんねん、、、


* 優しく抱きしめてくれた


ごめんな、、、あなた


(( 知ってる、、、迷惑って事


迷惑て思ったことないし、、、
おれやってあなたのこと好きやし


(( 生徒として?


ひとりの女として、、、
けど、、、生徒と関係を持ったらあかんから
付き合うことは出来へんよ?


* 先生も、好きでいてくれてるんだ、、、


だから卒業まで待っといて?な?


(( うん、、、


好きだよあなた、、、


(( ありがとう、、、


* 次の日の放課後また資料室へ、、、
その次の日もまた次の日も、、、




" ガラガラガラ、、、


先生ごめんね、、、また来ちゃった!


(( なんや、、、ホンマに俺のこと好きなんやな笑笑


隆平は〜??


(( 好きやで〜??


" 此処では誰もいないから思いっきり甘えられる、、、


(( 隆平、、、卒業したら結婚しよ〜?


何言うとんねん笑笑
やだあと2年もあるねんで?


(( 隆平と入れるように早く卒業できるように頑張る!!


よーし!頑張れ!


* 頭を撫でる先生、、、


(( 隆平、、、


んー?


* 振りいてくれない隆平、、、
だからほっぺにキスした、、、


なにしとんねん!!
誰か来たらどうするん!?


(( 来ないもん笑笑


来るかもしれんし、、、


(( 良いじゃん、、、


ごめんな、あなた
ほら機嫌直してぇや


(( 隆平、、、嫌い!


あ〜、ホンマにごめんってぇ


(( うそ、、、大好き!!


またっ、、、嘘つきにはお仕置きが必要やなぁ


* スタスタとドアの前に行く隆平


(( 隆平、、、行っちゃうの?


" ガチャ


* ドアの鍵を掛けてこちらに向かってくる


(( ごめんなさッ


* 口に柔らかいものが当たる
目を開けると隆平の顔、、、
ってことはキス、、、


誘惑せんといて、、、


((隆平、、、


我慢出来へんし、、、
ないしょな、、、


* そう言って出ていってしまった、、、
それから会うのが気まずくなってしまったが
それでも会いたくて仕方なくて毎日資料室に通った




あずま!


(( 先生?


職員室に来いって、、、