無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

365
2017/10/23

第9話

第9話
* そして私が去る日になりました、、、
あれから先生とは会わないように
丸山先生を避けるように過ごしてきました、、、
そうしていつの間にか去る日になりいまは
先生を意識し始めた場所図書室にいます。


あずま、、、


(( 丸山先生、、、


ごめんな、、、


(( 何でここにいることが分かったんですか?


分からんかったよ、、、
けど俺があなたを好きになったのは
気になり始めたのはここからやから


(( 先生、、、涙目ですよ?


あなたが居らんって考えたら会いたなって、、、


(( 先生、、、?


なんや?


(( 先生はここからだったんですね、、、


うん、、、せやで?


(( 私もここからです、、、


ここから両想いやったんやな、、、笑


(( 先生、、、好きです


うん


(( ここを去ったら隆平を忘れようと努力します、、、
もしかしたらあっさり忘れられるかもしれないです


うん


(( でもどうしても忘れられなくて好きで辛くて
会いたくなるかもしれません、、、
その時は、、、


その時は卒業式のあと
日が当たる花壇の前のベンチ、、、
そこに行く、、、そこで待つ、、、


(( 分かりました、、、
隆平来くていいよ、、、


あなたが来なくてもずっと待ってるから、、、
大好きやで、、、


* 私の手に触れる笑顔の先生、、、
笑顔で見つめ合い私は此処を去った、、、