無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

359
2017/10/27

第10話

第10話
〜 丸山said 〜


* あれからゆらのいない学校生活がはじまった、、、
あずまを忘れる努力をした、、、
でも、、、思い出が頭から全然離れてくれへん

"" 日が当たる花壇の前のベンチ ""

通る度に思い出す、、、
ゆらのことを、、、



" 丸山先生、、、?


あず、、、あっ、けえちゃん!


" 先生?いい加減けえかって呼んでよ、、、





" 先生?聞いてる?


え?ごめん、、、


" どうしたの?ぼーっとして、、、


ん〜?考え事ぉ〜!


" 教えてくれないの〜?

ひーみーつ!!
ほら次授業やろ?行った行ったぁ!!笑


" 一緒にいこー?


わかったわかった!
ほら、行くで!




* あなたに先生って隆平って呼んで欲しくて
そばにいて欲しくて、、、
忘れたこと一度もないねん、、、


はーい、、、じゃあ授業はじめるでー!
まずわ、、、出席確認、、、


* 教室の端の席には誰も座ってない、、、
だってあなたの席やもん、、、

約束の日、、、正直迷ってん、、、
あなたの将来考えたら行かんほうがええやろなって
せやけど、、、、
あーなんで泣いてんねやろ、、、
もう決めたことなのに、、、