無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

350
2017/10/27

第11話

第11話
* あれから祖母の家に行きそこで暮らした、、、
先生を忘れる努力をしました、、、
2年間、、、先生との思い出が頭から離れない

"" 日が当たる花壇の前のベンチ ""

隆平の事忘れられなかった、、、
引っ越してからも隆平に会いたくて
よく見たら全然似てない人を
隆平と間違えたりと、、、



" あずまちゃん


(( めいちゃん先生、、、


" どうかしたの?


(( なにも?


" 泣いちゃって、、、
卒業するのが寂しいのね


(( そうなんです!!


* 違う、、、この涙は隆平のせい
そうして約束の卒業式当日、、、

正直行くか迷った、、、
会いたいけど来てくれなかったら
そう考えたら辛くなるし


(( 先生、、、来てくれるよね、、、


* 電車に乗り学校へと向かう、、、
見覚えのある景色を眺めあっという間に、、、


" あなたちゃん!?


(( 久しぶり〜!!


* 2年も経ったのに、、、
覚えてくれてるんだ、、、
友達っていいね


" 先生のとこ行く??


(( ううん、行かない!
約束があるから、、、


* そうして卒業式が終了して生徒がゾロゾロの帰っていき
人がいなくなった学校、、、
そうして約束のベンチへ向かう


(( 先生、、、隆平、、、
来てよね、、、


* 隆平は来てくれなかった、、、
お腹空いた、、、帰ろっかな、、、