無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

えっ?! 🌸
あのプロポーズの日からもうすぐ1年。
あなた

今日のご飯何にしようかなぁ...

1人で買い物をしながら駿介の顔を思い浮かべる。
??
あれ...結愛...?
結愛がぱっと顔を上げると懐かしい顔があった。
あなた

え、え、まって。舞華...だよね。

舞華
そうだよ!久しぶりー!
2人は、きゃあー!と盛り上がる。
あなた

このあと暇?!お茶しようよー!

舞華
うんっ!
.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+
スーパーを出て2人は近くのカフェに入った。
あなた

えーびっくりしたー!何年ぶりー?

舞華
すっごい前だよねぇ。小学生の時以来?
あなた

そうだよね!電話では何回か話してたけど!

舞華
うん!大人っぽくなったねえ
あなた

さすがにもう小学生じゃないもーん(笑)

舞華
あはは(笑)
ふと結愛が視線を落とすと舞華の左手の薬指に指輪があることに気付いた。
あなた

舞華、その指輪っておしゃれ?彼氏からの貰い物とか?

舞華
えっ...あー...
あなた

え?なーに?

舞華
んーと...婚約してる人がいて...婚約指輪?みたいな感じ...
あなた

えーー!そうなの?!おめでとう!

舞華
ありがとう
あなた

ちなみに相手は?わたし知ってる人?

舞華
えっとー...
舞華は明らかに視線をそらす
あなた

な、なに

舞華
稜也...