無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

有岡大貴と
有岡大貴
敬語使わないでね!
あなた

え?いいんですか?

有岡大貴
もちろん!
あなた

わかった!大ちゃん!!

有岡大貴
うわ、これ俺おちそう
((心の声
有岡大貴
ねえ、俺のどんなとこが好き?笑
笑いながら大ちゃんがたずねてくる
あなた

うーん
カッコいいけど、可愛いとことか?
もっといっぱいあるんだけどねー

有岡大貴
そっか///ありがと!
私の言葉に大ちゃんは顔を赤らめていた
あなた

なに?照れてるのー??

有岡大貴
ばっ!ちげーし!
あなた

もーほんと可愛いんだから!

有岡大貴
でも、あなたに言われるのは嬉しい…
あなた

…え?

有岡大貴
とりあえず嬉しかった!ありがとう!!
あなた

う、うん///

大ちゃんの言葉に私の方が真っ赤になってしまった