無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

モヤモヤ
有岡side
あなた

約2日間ありがとうございました!

ゆずな
また今度行きます!
有岡大貴
夏休みから活動始めるんでしょ?頑張ってね!
あなた

ありがとう!大ちゃん!頑張る!

知念侑李
ゆずも頑張ってね!
ゆずな
うん!
そう言って全てが俺の中でまるーく収まるはずだった


でも…
あなた

あ!山ちゃん!体調管理には気をつけてね!

山田涼介
はいはい、お前はお母さんかっての!
分かってるって!



モヤモヤする
なんで?なんで山田を見るんだよ。

あなたは俺だけを見ていればいいのに。
山田涼介
あ、あと!この前言ったじゃん!「山ちゃん」じゃなくて
「涼介」って呼んでって!
あなた

あー!そうだった!じゃーね!涼介!

無事に車は出発

またいつもと同じ時間が始まるだけだったのに…
このモヤモヤは胸の中にずっと居座ってる
有岡大貴
山田。話がある。
気づいたら山田を呼び止めていた。