無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

20.5話
有岡side
山田涼介
何?大ちゃん?
山田のそのキョトンとした顔に心底腹が立った
有岡大貴
あのさ?とらないで?
山田涼介
は?何のこと
有岡大貴
あー、もう!あなたのことだよ!
山田涼介
あなた?あなたが何?とらないでって大ちゃんのじゃないでしょ?
有岡大貴
…俺、あいつこと好きだから、だからもうこれ以上手出したら本気でいく
山田涼介
は?なにそれ?俺だってあなたのこと好きなんだけど?
自分だけ勝手なこと言わないで?
有岡大貴
わかった。でも俺があなたと付き合うから
山田涼介
俺だって負けねぇし
有岡大貴
あいつらのデビューが終わってから俺は本気でアピールするよ。お前は?
山田涼介
俺もそうするよ。まずはあいつらのデビューが大切だからね


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当はこんな裏の話があったなんて誰も知らない。