無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

呼びかた
私たちミラーズは日々レッスンに励んでいた
あなた

ふぅー

レッスンもひと段落して息をついた時だった
あなた

冷たっ!

冷たいものが私の頬に当たった
有岡大貴
びっくりした?笑
そこには冷たいペットボトルを持った大ちゃんがいた
あなた

びっくりするよー!

有岡大貴
ごめんごめん!笑
あなた

でも、ありがとう!

有岡大貴
いえいえ!
あなた

大ちゃんはほんと気がきくよね!

有岡大貴
…それは、あなただから((ボソッ
あなた

んー?なんか言ったー?

有岡大貴
ううん!なんでも!
それよりさ!山田のことは「涼介」って呼んでんだからさ、
俺のことも「大貴」って呼んでよ!
あなた

ぇえー?どうしよっかなー?

いたずらっぽく笑ってみる
有岡大貴
えー?ケチー!!
あなた

うそうそ笑 じゃあこれからは大貴で!

有岡大貴
ありがとう!
あなた

はいねー

有岡大貴
やった!あなたに大貴って呼んでもらった♪
((心の声