無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

トラウマ
ゆずなside
私たち2人はみんなのいる部屋へ戻った

扉を開けるとすぐに9人が待ち構えていたようにならんで立っていた
ゆずな
え?なに?みんな?
中島裕翔
知らないと思ってる?
ゆずな
え?
私はあなたを隠すように9人の前に立った
八乙女光
ごめんね、俺たち聞いてたんだ。
さっき2人が話してたこと
岡本圭人
盗み聞きは悪かったと思ってる。だけど気になって…
ゆずな
そう、だったんだ
有岡大貴
あなた?何があったの?話せない?俺たちには


大ちゃんが私を押しのけてあなたの顔を覗き込んだ
あなたside
あなた

私は何も答えることができなかった
有岡大貴
そっか。わかった。無理していうことじゃないからいいよ


大貴の顔が少しだけしょぼんとした気がした
伊野尾慧
俺は理由ききたい。
有岡大貴
いのちゃん。
伊野尾慧
そりゃ俺たちまだまだ、付き合いも長くないけど、これから一緒にやってくんだし
知念侑李
僕もそう思う

お互いのこと知らないからこそ知るチャンスなんじゃないかな?
グループは違うけど、僕たちはもう仲間なんだから
山田涼介
知念!でも、言いたくないなら無理にとは言わないでしょ
言わなきゃ。みんなにだったら言ってもいいんだから。誰も責めないんだから
あなた

わ、わたし!ソフトテニスがトラウマなんです。

JUMP全員
…え?
みんなが驚いてる。
有岡大貴
うん。それで?
大貴の優しい声かけに涙が溢れてくる


私は涙を流しながら話し始めた
あなた

私、小学生からソフトテニスやってたんだ。中学に入る時ペアが変わった。
私その子が苦手で。でも小学生からテニスやってたのが私とその子だけで
ペアを変えることもできなかった。その子の私に対する欲?がどんどん強くなって…

山田涼介
欲?
あなた

うん。ミスすると睨んできたり、ハイタッチもしなくなって、声も出さなくなる
それが私のプレッシャーで。最後の大会の最後の試合。耐えれなくて、
足が震えて、動かなくて、棄権した。それからテニスはやってない

山田涼介
そうだったんだ。じゃあやめる?テニスは
有岡大貴
…俺はやりたい

トラウマなら乗り越えようよ!だって俺たち9人もいるんだぜ!ゆずな合わせたら10人だぜ!?
やってみようよ!みんなで乗り越えようよ!それが仲間だろ?
薮宏太
あなたがやる気があるなら賛成
ゆずな
あなた?やれる??
知念の言った「仲間」と大貴が言った「仲間」が胸の中に響いた
あなた

…ります((ボソッ

八乙女光
ん?あなた?
あなた

やります!やらせてください!

有岡大貴
そうこなくっちゃ!
高木雄也
でも無理なときはいうんだよ?
あなた

わかってる!

私は挑戦することにした

みんなが応援してくれるなら乗り越えられるような気がした



☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

作者です

ちょっと妄想が過ぎちゃったかもです…すいません。

でも、ぜひこれからも呼んでください!

感想もよろしくお願いします!!