プリ小説

第6話

# 05
裙を 初めて 見た あの瞬間 から


濮の 世界は 変わったんだと 思う 。








‘ 愛 ’ という 意味を 知れたんだ 。























裙は 濮の 一部 。





いや 、きっと 濮の 全て 。





裙を 誰にも 渡しは しない 。










裙の為 なら 、殺し だって


何だって 出来るで 。























誰も


‘ 濮達 ’ を 止められは しないんやから 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

古都
古都
おはようございます 、こんにちわん、つ ~ 、こんばんどぅい ~ ん ! 古都( みやこ )と申します 。 四角い画像で夢幻を描いている彼奴です 。 8を横にした某グループを長年応援しています 。最近 、直後輩にあたる七侍にハマりました 。 気まぐれで更新出来たらなぁと思います ♪