プリ小説
一覧へ

第1話

こっちにおいで?
〇〇『ねぇあなたこっちにおいで?』
あなた『はっ?!』

目が覚めるとそこはいつもと何も変わらない、自分の部屋。

あなた『夢...か。朝ごはん食べよ』

あなた『お母さん朝ごはん作ってくれてない。』

母は朝早く家を出て、夜遅くに帰ってくる。いつも
母とは会わない。父は8年前、別の女の人を連れて

父『俺はこれから、この人と暮らしていく。母さん。
ごめんな。あなたの事を頼む。』
女の人『えーどっちとも私みたいに可愛くない〜』
父『ははっ!そんなの当たり前だろ〜。あなた
じゃあな。』

こんな感じで、母と私は口を開けながら、父と女の人を
見送った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

にゃんわん
にゃんわん
よろしくお願いします