プリ小説

第2話

出会い
ひと通り入学式を終えた後、それぞれの教室へ向かった。

寧々とはクラスが離れてしまった。
正直寧々以外にこの学校に友達がいないから不安で仕方ない。
きっと大丈夫だよね。。

びっくりするくらいの人見知りがある私はなんとか
大丈夫大丈夫と暗示をかけて、呼吸を整える。

「おはようございます。」

一瞬クラスがざわめいた。

自分のことでいっぱいだった私は、みんなより遅れて前を見る

「え、あれ担任?」
「やばくない?」

黄色い歓声、と言ったところだろうか。

その声の向かっている方にいたのは
身長180はこえているであろう、少し細身で顔が小さく、
見るからにイケメン、と言える男の人が立っていた。

さすがの私もこれは凄い、、と思ってしまった。

「まあまあ落ち着けって、な?俺は今日から1年、みんなの担任をする
竹内涼真です。よろしく!」

一斉に拍手が起きる。

「そうだなー。LHRの時間潰したいしなー。めんどくさいなー。。」

先生が、いきなり愚痴をこぼす。

「先生!彼女いますか?」

どこからかそんな質問が飛ぶ。

「なんだー、お前ら結構ガツガツだなー」

って言いながら少し照れる。

「いるかどうかは秘密で。いてそう見にえるか?」
「当たり前じゃーん!」
「まあーーー俺、イケメンだし?」

否定もせず、むしろ自分でイケメンと認めるあたり、
やっぱり真のイケメンは違う。

「やば先生ノリよすぎ笑」

「いや俺のこといいからさ!みんなの自己紹介しようよ。」

私が一番苦手とする最初の自己紹介が始まる。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Ramu*
Ramu*
Ramu です。 プリ画像もあんまりやけど、やってます。 小説書くのは好きです。(もはや妄想でしかない) あ、うまくはないです。 そして更新頻度遅いかもしれない。 俳優女優→竹内涼真 山田裕貴 大和孔太 小松菜奈 アイドル→ジャニーズWEST 欅坂46 乃木坂46 邦ロック→Mrs. GREEN APPLE ポルカドットスティングレイ THE ORAL CIGARETTES FOMARE My Hair is Bad