プリ小説

第3話

あーーー、どうしよ、、。
まわってくる、、。

自己紹介もそろそろ終盤。

私の苗字はわ行でいつも一番最後になる。

「じゃあー、次。」

「あ、、、。若菜あなたです。。」

先生がじっと目を見つめる。

どこかとろんとした瞳。吸い込まれそうになって、
息が止まりそうになって、、

だめだ、赤面症発動…。

いつも何かある度にすぐ顔が赤くなる自分。
こんなイケメンに見つめられたらなおさら。

先生がいきなり笑顔になった。

「あなたね。よろしく。」

「はい。。」

下の名前???えなんで??
他の子達にそんなの言ってなかったよね、、?

良くも悪くも、その日はそれで終わった。

先生はみんなから涼真先生、と呼ばれることになった。

まんざらでもなさそうな感じだった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Ramu*
Ramu*
Ramu です。 プリ画像もあんまりやけど、やってます。 小説書くのは好きです。(もはや妄想でしかない) あ、うまくはないです。 そして更新頻度遅いかもしれない。 俳優女優→竹内涼真 山田裕貴 大和孔太 小松菜奈 アイドル→ジャニーズWEST 欅坂46 乃木坂46 邦ロック→Mrs. GREEN APPLE ポルカドットスティングレイ THE ORAL CIGARETTES FOMARE My Hair is Bad