プリ小説

第12話

黒い
それから何度か嶺亜ちゃんと放課後残って勉強した。

何かと話したりして結構仲良くなれた。

でも。

「あー!涼真先生!」
「おー、嶺亜か!今日も残って、偉いな!」

涼真先生は、
私に話しかけることがほとんど無くなった。


嶺亜。嶺亜ちゃんばっかり。

いつの間にか下の名前で呼んでた。

私にだけじゃなかった。
思い上がり。恥ずかしい。

「あなた、嶺亜と仲良くなったみたいで、良かったよ。」

「うん、、!」

でも。

この嶺亜ちゃんと先生に対する感情が一番恥ずかしい。

もうやめよう。

見たくない。

気を遣われて話しかけられたくない。

「あ、先生、嶺亜ちゃん、私これからもう残らないから、、。」
「え?いや、お前頑張ってるのになんで」
「そうなんだぁ。寂しいけど仕方ないね!」

どんどん黒い感情が溢れ出す。

私はそれが死ぬほど嫌になり、その日はすぐに帰った。

好きなんて、楽しくない。

汚い醜い。

放課後残るのもやめるし、
恋もやめよう。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Ramu*
Ramu*
Ramu です。 プリ画像もあんまりやけど、やってます。 小説書くのは好きです。(もはや妄想でしかない) あ、うまくはないです。 そして更新頻度遅いかもしれない。 俳優女優→竹内涼真 山田裕貴 大和孔太 小松菜奈 アイドル→ジャニーズWEST 欅坂46 乃木坂46 邦ロック→Mrs. GREEN APPLE ポルカドットスティングレイ THE ORAL CIGARETTES FOMARE My Hair is Bad