プリ小説

第15話

秘密
「えーっとな、」

廊下のあかりが少し教室に差し込み、
何かを言いかけている先生を照らす。

「あなたは、もっと俺を頼れ、!」

「別に、私そんな、先生と仲良くないもん。。」

そうだよ。

先生が仲良いの嶺亜ちゃんとか、そういう、
そういう女の子って感じの子たちじゃん。

だから全然仲良くなれない。

努力はした。

でも、追い越せないものは追い越せないし
悩みを相談したくてもそういうわけだからできない。

「あーーもう!分かった。俺のLINEあげるから、
いつでもLINEしてこい!」
「え、、?」
「ほら、携帯出して!」

戸惑いながらも携帯を出して机に置いた。

携帯の画面が明るくてぱっと目を上にそらす。

不意に目が合う。

え、、、

「先生、顔赤い、、?」
「ばかみるな!」

そもそも何で先生がこんなに気にかけてくれるのか分からない。

他の子みたいに話さないから興味があるだけだろう。

「はい、ちゃんと連絡してこいよ。」

それでも嬉しい。

携帯を握りしめ先生に見えないように下を向いて微笑むと
先生が私の頭をガシッと掴んだ。

「いたっ。」

先生が目線を合わせるためにしゃがむ。

「内緒、だからな」
「うん、、。」

内緒。

二人だけの秘密。

心音が早くなる。

やっぱり私は先生が好きみたいです。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Ramu*
Ramu*
Ramu です。 プリ画像もあんまりやけど、やってます。 小説書くのは好きです。(もはや妄想でしかない) あ、うまくはないです。 そして更新頻度遅いかもしれない。 俳優女優→竹内涼真 山田裕貴 大和孔太 小松菜奈 アイドル→ジャニーズWEST 欅坂46 乃木坂46 邦ロック→Mrs. GREEN APPLE ポルカドットスティングレイ THE ORAL CIGARETTES FOMARE My Hair is Bad