無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

919
2017/12/01

第20話

ホテル到着!だけど…?
シルクロード
着いたぞ〜。…って、あなたとンダホ寝てんじゃん!
マサイ
おい、ンダホ起きろ!!(ベシッ
ンダホ
いってぇ!ん〜…。
マサイ
あなた?着いたよ、起きて〜
あなた

ぅん…zzZ

モトキ
扱いの差な笑
ンダホ
マサイひでぇよ!
マサイ
ふはは笑
って、あなた起きねぇんだけど笑
モトキ
あなた〜。
まぁいいや俺、部屋まで運ぶ笑
裕哉(お兄ちゃん)
おいあなた起きろ!
モトキに悪いだろ!?
モトキ
いいんだよ、疲れたんだろ。
日本では今、深夜だし…
裕哉(お兄ちゃん)
ったく…。





あなた

ふわぁ…。

あなた

…!?

気付いたらホテルのベッドで寝ていた。
モトキ
あ、起きた。
あなた

私…いつから寝てた?

シルクロード
車乗った時からずっと笑
あなた

わー、まじか!?

ンダホ
俺より寝るじゃん笑
あなた

それはない。

シルクロード
んなわけねーだろ。
モトキ
お前より寝るヤツいねぇよ。
マサイ
お前は寝すぎだよ!
ぺけたん
気付いたら寝てるもんね笑
裕哉(お兄ちゃん)
よくそんなに寝れるよな〜…。
ンダホ
みんなひどいよ、口々に!
モトキ
だって本当のことだし。
ンダホ
もういーもん!(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…
シルクロード
拗ねるなって。ほら、飯行こーぜ!
ンダホ
行くー!!!
マサイ
子どもか!笑
騒ぎながら部屋を出て行く男ども。

ほら、あなたも行こ?

モトキにそう促され、私は腰を上げた。