無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

目覚め。
???
…ぇ、!
???
…ねぇ!!…ぇ!っっねぇ!?
???
あなた!!!起きてっっ!
「…あと、5分だけ〜」
???
ッバカ!早く起きてっっ!!
「んん〜、なんでよ〜…」
???
遅刻だってばっっ!!!
「遅刻…??」

眠い目を擦りながら部屋の中の人物に目を向けた
???
あなた!起きた?
「あれ…結愛(ユア)?何でここに…?」
結愛
なんでじゃないでしょ!ばかっっ!
結愛
ほら早く起きて!学校遅刻しちゃう!!
先程からうるさく私を起こしてくるのは親友の結愛(ユア)

「あ〜、そっか。ちょっと待って〜」

そう言いながらさっきのことを思い出す

(あれ?私さっき自分の部屋で写真を見てたような…夢?

まぁ、いいか…)

結愛は遅刻ギリギリで焦っているのか急げと言ってくる

なんだか変な気分で準備を済ませ結愛と学校へ…



……
………
…………
……………