無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第104話

か ぜ
672
2018/01/03 12:35
シルクが38.5度の熱を出した
あなた

シルク…大丈夫……?

シルク
シルク
うん…ゲホッゲホッ
あなた

大丈夫!?

あなた

冷えピタはろ?

シルク
シルク
やだやだやだ
むりむりむり!
あなた

あ、苦手だったんだ…💧

シルク
シルク
ゲホッゲホッ
シルク
シルク
マサイもさぁ…ゲホ
熱あるし、Fischer's全員終わってるんだよ…ゴホッ
あなた

えぇー!

あなた

じゃぁみんな家に呼ぼ?

シルク
シルク
は?
あなた

あなたが看病するから!
まかせて!

あなた

シルクは自分のベットで寝る!
さぁ、はやく

シルク
シルク
はぃはい
シルク
シルク
電話してみる

シルク
シルク
あなたーっ…ゲホッ
あなた

ん?

シルク
シルク
マサイとモトキ今来るって…ゲホッ……
あなた

わかった。
本当に大丈夫?

シルク
シルク
う"ん……ゲホッ

ピーンポーン
あなた

あ!来た

マサイ
マサイ
お邪魔しまーす……ゲホッゲホッ
あなた

マサイ君!大丈夫?

あなた

あっちの寝室にシルクいるからあなたの布団で寝てて!

マサイ
マサイ
ありがとう……ゲホッ
モトキ
モトキ
お邪魔します
あなた

もっきゅん!

モトキ
モトキ
あぁ、あなたちゃん…
あなた

もっきゅんもあっちの部屋で寝てて?
マサイ君今来たところだから

モトキ
モトキ
ありがとう…

あなた

みんな大丈夫?
あなたちょっとおかゆ作って来るから待ってて!

シルク
シルク
俺、食欲ないからいらない…
モトキ
モトキ
でも薬飲めないよ?
シルク
シルク
あぁ、そっか…

あなた

はい、出来たよ

マサイ
マサイ
あなたありがとう……ゲホッ……
あなた

マサイ君大丈夫?

あなた)マサイのおでこを触る
あなた

熱いよ?冷えピタ持ってくるね

マサイ
マサイ
ぅん…
あなた

はい

あなた)、冷えピタを貼ってあげる
マサイ
マサイ
ありがと…//
モトキ
モトキ
あなたちゃん、喉乾いたからなにか飲み物持ってきてくれる?
あなた

はーい

あなた

水でよかった?

モトキ
モトキ
うん…!
ありがとう
あなた

ねーえー、シルク
冷えピタ貼ったら?

シルク
シルク
むりむりむりむり
あなた

じゃぁあっためれば?

マサイ
マサイ
それなら……いけるんじゃない?
あなた

はい

あなた)冷えピタをはる
シルク
シルク
あ!全然冷たくない
あなた

よかった!


こんな感じでみんなの看病をしたあなたでした!