無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

20%
待合室について
シルク
もうすぐ呼ばれると思うから
あなた

うん。ねぇシルク

シルク
ん?
あなた

手握らせて?

シルク
あ、おん。
あなた

私って死ぬのかな

シルク
死なないよ。さっき自分で
言ってたろ?
Fischer'sより先に死なないって
あなた

でも、こわいよ・・・

ちょっと握った手が強くなった気がした
シルク
大丈夫。
まだ治る方法あるかもしれない。
看護師
絹張あなたさーん。
検査室にお入りください。
あなた

行ってくるね。

シルク
大丈夫だから。
その後1時間くらい検査とか
結果とか待っててお昼の時間になった。
あなた

そうえば、先生が
午後の部になったら呼ぶから
旦那さんとお昼でも食べておいでって
言ってたよ。

シルク
何食べたい?
あなた

ラーメン。

シルク
よし、行こ。
ちょうど近くにダホがオススメって
言ってたラーメン屋あるから
あなた

ほんと??

シルク
うん。いこ。
それからお昼食べて病院に戻ってきた
看護師
絹張あなたさーん。
1番の診察室へお入りください。
あ、旦那さんもお願いします。
シルク
行こっか。
先生
今回の検査結果ですが・・・
シルク
どうなんですか?
先生
正直なとこいいとは言えません。
また握ってた手が少し強くなった気がした
それにちょっと震えてる
あなた

やっぱり、やっぱり治す方法は
ないんですか?

先生
1つだけ。見つかったんです。
1ヶ月の入院で、点滴での
治療です。
シルク
それは完璧に、完全に
治るんですか?
先生
いや、完全とは言えません。
確率的に20%ほどです。
あなた

20%・・・